気付いたら顔にシミができていた

40代半ばになって肌の調子が悪く、乾燥肌かつ敏感肌になってしまいました。それまでは肌のトラブルは特になかったため、丁寧なスキンケアはしていませんでした。今までの化粧水がしみるようになり慌てて低刺激のスキンケア商品に変えたり、肌の手入れを丁寧にするようになりました。そうして自分の顔をじっくり見るようになり驚いたのが、うっすらとあちこちにシミができてきているということでした。それほど濃いシミではないのですが、放っておくとだんだん濃くなるに違いないと思い焦りました。シミは歳を重ねれば出てくるとは思っていましたが、今からこの状態だと将来どうなるのか心配になってきました。早速、薬用クリームを買ってきてシミの部分に塗り、メラニンの生成を抑制したりメラニンの色を薄くする働きのあるビタミンCを飲み始めました。そして適当だった紫外線対策をしっかりするようになりました。今となっては子育て中など忙しくても、もっと紫外線対策をはじめ肌の手入れをしっかりしておけばよかったと後悔の気持ちでいっぱいです。

唇のシミの原因と消す方法と病気の可能性